備長炭の製造工程と特徴

赤土などででできた窯に、原木を入れて窯の入り口付近で火をつけます。ある程度原木に火が着けば釜口を塞いで蒸し焼き状態にします。熱で木の水分や余分な成分が水蒸気やガス物質となって抜けます。炭化と呼ばれていますが、黒炭はこの段階で釜口を塞ぎ完成。しかし備長炭はこの状態から、釜口を少しずつ開けていき空気を入れて、さらに余分な成分を取り除いていきます。千度を超える高温の中で炭を取り出し、最後は灰をかけて急冷。金属のような硬い炭が出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ります。しかし老木になると衰弱しやすくなり害虫の侵入を受けやすくなります。健康な森を育てるためにも、人の手によって更新して行くほうが健全でしょう。人と自然が共存してき里山の機能が伝統技に活かされてきました。

 

 

 

 

 













































備長炭づくりの最終工程。炭を窯から出す作業の映像です。(you tube)